メール主流の世の中になり、手書きの手紙やお礼状を書く機会が減りました。

以前は筆まめに手紙を書いていたかたでも、最近は急に書くことになったときに、なにを書いてよいやら筆が進まないことも多いのではないでしょうか。

お礼状の文面はインターネットで検索すれば、たくさんでてきます。

「結婚内祝い お礼状 文例」「出産内祝い お礼状 文例」などで細かく検索し、その文面をもとにアレンジするのが早いですね。
方針としては、相手への感謝の気持ちを奥ゆかしく書くということ。
相手にもさまざまな事情がありますので、手放しで大喜びというような雰囲気は出さないほうがよいでしょう。
メッセージカードより、お礼状の形式がベター。
地方によって形式は相当異なります。
年長者がお近くにおられるなら、尋ねてみるとよいでしょう。